小学生留学のメリットについて

小学生留学のメリットについて、ご紹介します。

留学と聞くと、一般的には、大学生や早くても高校生とお考えの方も多くいらっしゃるかもしれませんが、近年において、留学は非常に低年齢化しており、小学生留学も徐々に一般的になりつつあります。なぜ、小学生の段階から留学を行うのかについて、そのメリットをご紹介していきます。まず、低年齢であればあるほど、異文化に対しての順応性が高いことが挙げられます。高校生や大学生が留学をするとなると、やはり異文化交流、あるいは異文化について学ぶなどということがメインとなってきますが、小学生留学であれば、そういったことはありません。

そもそも外国に対して、異文化という概念がないため、日本とは異なる文化に対しても馴染みやすい可能性が高いといえます。さらに、子供の神経発達の時期とされるゴールデンエイジの時期に、留学を行うことによって、ネイティブ同様の英語を身に着けることが出来る可能性が高まります。英語に対して、ネイティブレベルまで語学力を身に着けることが出来れば、その他の言語を身につけやすくなります。

小学校低学年時期に留学を行った場合、異文化に触れ、ネイティブ同様の英語を身に着けることが可能になるとともに、日本へ帰国後も、日本の学校教育に無理なく戻ることができ、低学年時期の1、2年でも留学によって、自主性や思考力、国際的な感覚を身に着けていることでしょう。小学生留学に関し、ご興味のある方は、検討してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *